令和3年度総会・第14回環境地盤工学研究会のご案内

 拝啓 会員の皆様におかれましてはコロナ禍が依然として継続する中、ご苦労はいかほどかと拝察致します。

 さて、一般社団法人環境地盤工学研究所は、会員の皆様の多大なるご支援をいただき、環境地盤工学に関する研究会等の開催や若手研究者の支援等に努めております。

 このたび令和3年度総会を開催し、令和2年度中の活動を総括し、令和3年度へ向け更なる発展を目指したいと考えます。同時に当法人ならびに京都大学 勝見 武研究室の共催にて第14回環境地盤工学研究会を開催します。なお、新型コロナウイルスに関わる社会的状況を勘案しまして、昨年に引き続きオンラインでの開催とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

 オンラインでの参加方法は、開催日が近づいて参りましたら、参加お申込みいただいた方にメールで個別にご案内します。

 日時:2021年9月4日(土) 【総会】14:00-15:30、【研究会】15:45-17:00

 場所:オンライン(ZOOM利用)開催

 予定プログラム


時間 内容
14:00 開会
14:00-14:30 令和3年度総会
(1) 議案
 第1号議案「令和2年度事業報告に関する件」
 第2号議案「令和2年度決算に関する件」
 第3号議案「役員の選任について」
(2) 報告事項
 報告事項1「令和3年度事業計画について」
 報告事項2「令和3年度収支予算について」
 報告事項3「会員に関すること」
14:30-15:30 令和元年度若手研究者助成研究報告
「高レベル放射性廃棄物の地層処分に資するベントナイト系材料の透水特性における膠結作用の影響評価」
  伊藤大知(早稲田大学)
「高レベル放射性廃棄物処分環境における亀裂性岩盤の透水特性変化メカニズムの解明と熱・水・応力・化学連成数値シミュレータの開発」
  緒方 奨(大阪大学)
「本設杭として利用するソイルセメント地中連続壁の杭体における付着抵抗に関する研究」
  渡邉康司(愛知工業大学)
休憩
15:45-17:00 第14回環境地盤工学研究会
 講演「現代社会の多様なリスクと環境地盤工学」
  嘉門雅史(環境地盤工学研究所・京都大学名誉教授)

 出欠のご回答(回答締切:2021年8月30日)

・以下のフォームに入力の上,送信ください(受付確認メールを事務局より数日内に送付します)。
・RIEG法人会員の方は「法人名」を会員名欄、ご出席の場合は「出席者のお名前(複数可)」を通信欄にそれぞれ記入ください。
・ご所属のネットワークセキュリティによっては,申込み情報が送信されない場合が発生しているようです。数日内に事務局より返信がない場合はinfo@rieg.jpにお手数ですが、直接ご連絡、お申し込みください。


会員名: 


連絡先E-mail: 


会員種別: 


会員番号(会員の方のみ): 


令和3年度総会 : 


第14回環境地盤工学研究会 : 


■通信欄(法人会員の方は必ずご出席者のお名前(複数可)を記入ください): 

■委任状(総会ご欠席の方は委任状の提出にご協力をお願い申し上げます): 



 問い合わせ

本行事についてのお問い合わせはinfo@rieg.jpにお願い申し上げます。